受付時間(平日 9:00~18:00)

成功報酬のテレアポとWEBアフィリエイト送客は似ている?

成功報酬のテレアポで1件1万円前後で受けている会社があるとすると、その会社はアポを1日に何件取らないと採算が合わないでしょうか?


2件以上となります。人件費を考えた場合、テレアポのアルバイト時給は1500円〜高額だと2000円以上になります。8時間稼働すると12000円〜の経費がかかります。
つまり平日稼働で40件以上アポを取得しないと利益が出ないのが激安成果報酬型のテレアポ会社の特徴になります。
一方でWEB集客を行う会社はWEBからのリード獲得で資料請求・見学会・会員登録などコンバージョンポイントへの送客で5000〜12000円くらいの成果報酬単価を設定します。初期費用や月額費用の有無は行者によりまちまちですが、送客数は月間100件くらいをミニマムとする会社が多いようです。
さて有効リード数はそれぞれどれくらいでしょうか?
40あったアポリード数も恐らく半分はリスケでしょう。リスケのうち半分はキャンセルでしょう。残り20のリードのうちしっかりと商談が出来る確立は、恐らく10〜15%くらいでしょう。(2〜3件くらい)
何故このような現象が起きるのか?
それは契約形態とアポ単価が低すぎるため、サービスの質向上が出来ません。(トークなどのブラッシュアップ)成果報酬型のアポ供給は、所謂アポインターのためのアポが取得されがちで内容も精査されず、とにかくどんどんアポ数だけを積み重ねていきます。その結果3件の商談リードに対して結果40〜50万円くらいを支払う事になります。リアルなアポ単価は1件15万円くらいといったところでしょうか?

アフィリエイトにおいては有効リードは大体1%くらいでしょう。

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn

最近の投稿

GW休暇のご案内

2022年4月29日から5月5日までをGW休